私がリネアストリア・アクアドールで医療用ウィッグを購入する理由

 

時期的にリネアストリアさんのタイムセールがそろそろかなぁ、とそわそわしているかーてんです。

私は最近、医療用ウィッグを医療用ウィッグメーカーや医療用ウィッグ専門通販サイトで購入しなくなりました。

もっぱら、リネアストリアさんやアクアドールさんのようなファッションウィッグ通販サイトの医療対応ウィッグを購入しています。

 

全国各地にある某有名ウィッグメーカーや、医療用ウィッグ専門通販サイトが提供する医療用ウィッグは、非常に高品質だと思います。

私も、20万円前後する医療用ウィッグを購入して、2年以上使っておりましたので、質の高さがよくわかります。

 

そんな中で、リネアストリアさんやアクアドールさんの医療対応ウィッグを購入するようになった理由はとてもシンプルです。

 

安いからです。

 

身もふたもないですが、コストパフォーマンスが非常に高いのです。

 

20万円のウィッグよりも、2万円のウィッグの方が、購入しやすいからです。

20万円あれば、2万円のウィッグを10回買えますよね。

それに、20万円のウィッグを2万円のウィッグの10倍の期間使おうとすると、消耗が激しいです。

毛がネットの裏地からとびでたり、ちぢれてきたり、色が落ちてきたり・・・

 

あとは質の問題ですが、かーてんの個人的な意見になってしまうんですけれども、

ファッションウィッグ通販サイトでも、商品をちゃんと選べば、そうそうばれません。

当ブログでもレビューを書きましたが、例えばアクアドールさんの下の商品をご覧ください。





アクアドールさんの「ヴィーナスショートボブウィッグ」17800円(税抜)です。

レビューについてはこちら↓

アクアドール・ヴィーナスウィッグ買ってみた

 

人口頭皮のつむじ・ハンドメイド仕様です。

とっても軽いにもかかわらず、しっかりとしたフィット感。

毛を触ってみるとわかるのですが、日本製最高級ファイバーでとってもさらさらふわふわです。(人毛ではありません)

 

20万円のウィッグを上回る仕様とは言いづらいですが、ばれるかどうかと聞かれると、ばれないです。

 

もう1つ、こちらもたびたび話題にあげておりますが、下の商品をご覧ください。





リネアストリアさんの「天使のショート人毛100%」24800円(税抜)です。(こちらは購入したことがありません)

幅広い人口頭皮、ハンドメイドに加えてもみあげ部分のワイヤー、さらに人毛100%という贅沢さです。

ここまでくると、もう20万円のウィッグとそん色ないと思います。(20万円でも人毛ミックスがざらです。)

 

今のところ、この仕様の商品はショートヘアしか出ていませんが、この価格は本当に安いです。

 

ここまで、2万円前後の医療用ウィッグをご覧いただきましたが、通販のため、購入後サポートは多くを望めません。

20万円以上するウィッグメーカーは、アフターフォロー・サポートがとても充実しています。(あとは広告代に割かれてると思います。)

 

それから、ウィッグ通販サイトの中でも、医療用ウィッグを専門とする通販サイトがあります。

それらのサイトでは、3万円前後から医療用ウィッグを購入できるところがあります。(「医療用ウィッグ 通販」「医療用ウィッグ ランキング」等のキーワードで検索してみてください。)

それらの通販サイトでも医療用ウィッグを安く購入できるのではないかと思い、商品の仕様を見てみたところ、多くの商品がハンドメイドではない機械生産でした。

医療用ウィッグ専門通販サイトでは、5万円程度は出さないと、ハンドメイドウィッグは手に入らないようでした。

 

結果的に、私はリネアストリアさんやアクアドールさんのようなファッションウィッグ通販サイトの医療対応ウィッグしか購入しなくなりました。

 

ファッションウィッグ通販サイトであるということで、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ一度手に取ってみてほしいです。

 

リネアストリアさんの医療用ウィッグは↓

Linea-Storia天使のウィッグ

 

アクアドールさんの医療用ウィッグは↓

医療用AQUADOLLVENUSウィッグ

 

通販でウィッグを購入するときには、絶対に商品情報をすみからすみまで見てから購入することをおすすめします。

かーてんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>